2013年1月7日月曜日

王子のいないハムレットか・・・

「陰鬱な科学の陰鬱な記録が示唆しているのは、主流の経済学研究者の現代経済の作用する仕方についての理解にひどく間違ったなにかがあるということだ。その予測が打ち立てられるモデルは明らかにひどく傷ついている。」

たしかにキンドルバーガーやミンスキーを読むべきなんだろう。

「金融サイクルを欠いたマクロ経済学は王子のいないハムレットのようなもの」か〜


iPhoneから送信

2013年1月6日日曜日

20万人

毎日、地球上で20万を超える人口が増えているのか。毎日、大都市がひとつ誕生している勘定だ。地球環境への圧力はすごいものだろ〜

http://peaksurfer.blogspot.jp/2012/12/done-with-math.html?m=1

iPhoneから送信

2013年1月5日土曜日

piggy-bank

へえ〜。昔の豚のかたちをした貯金箱piggy-bankの珍しい写真だなあ。

http://libertystreeteconomics.newyorkfed.org/2013/01/historical-echoes-the-origins-of-the-piggy-bank.html

今年は少しぐらい貯金ができるようになりたいもんだ。


iPhoneから送信

中東

「世界平和への最も深刻な脅威」か。ノーム·チョムスキーの議論をみると、今年は中東でなにかありそ〜。
中華帝国の中央アジア、中東への進出という事情も加わるしな〜

The Gravest Threat to World Peace

By Noam Chomsky

http://www.informationclearinghouse.info/article33526.htm

iPhoneから送信

エネルギー価格

今年はエネルギー価格どうなるのかな?

「あなたが絶えず増加する安価なエネルギー資源が2世紀にもわたって産業の成長のための基本的条件であったという基本事情を理解するなら、同様に、現代の資本の作用、とりわけ支払われるべき債務にかかる巨額の利子を可能とするメカニズムの背後にあるものを理解しなければならない。つまりあらゆる現代の銀行業務の背後にあるものを、である。そして、あなたがこれを理解するなら、安価なエネルギーの終わりがいかに現代の金融をめちゃくちゃにしてきたかを見るのは簡単である。」(James Howard Kunstler)


iPhoneから送信

2013年1月2日水曜日

サーモスタット


マクロ経済に関する議論が喧しい。付き合わされる我々には、金融・財政政策につき、このブロガーの持つ感覚はわかるような気がするかな。

私たちはいつからマクロ経済学者の実験装置のなかで生かされるようになったのか・・・

「これが私たちが生きている世界だ。私たちはマクロ経済学をテストするためのありうべき最悪の実験デザインに非常に近いなにかのなかで生きている。私たちはミルトン・フリードマンのサーモスタットでコントロールされた家のなかで生活している。それは時折、あてにはならず、それがみることができるショックを過剰や過小に埋め合わせるが、それは依然としてサーモスタットである。その全欠陥のため、釜の中に石油を持って入るサイコロをふりはしない。それがサイコロを振ったときでさえ、貴方がたには、それがサイコロを振っていたか、貴方がたがみることなく、それが見る若干のショックにまさになしうる最良の対応をしているか決して確かではなかろう。」

2012年12月3日月曜日

2012年9月13日木曜日

合成QE

「銀行にはこうした投機的な買い物に資金供給するためのマージン拡張のベースとして使える十分な超過準備が存在する。これはFRBが実際にオペレーションを行うことなく、強力な説得でQEの効果を得るときであり、”合成QE”と呼ばれる。」

合成QEか。いろんな言い方があるものだ。銀行にはカネが余っており、信用拡張の余地もあるということなのだろう。

Testosterone Pit - Home - And the Fed? Just Jawboning And Synthetic QE, But The Markets Will Eat It Up
http://www.testosteronepit.com/home/2012/9/12/and-the-fed-just-jawboning-and-synthetic-qe-but-the-markets.html

2012年8月7日火曜日

二つの顔

警察国家と金融の腐った心性か・・・
The Official James Petras website » The Two Faces of a Police State: Sheltering Tax Evaders, Financial Swindlers and Money Launderers while Policing the Citizens
http://petras.lahaine.org/?p=1905

2012年8月6日月曜日

バグ

証券会社は自動取引ソフトのバグで破産するかもしらん、のか・・
Trying to Be Nimble, Knight Capital Stumbles - NYTimes.com
http://dealbook.nytimes.com/2012/08/02/trying-to-be-nimble-knight-capital-stumbles/?hpw

インドの停電

「通貨戦争とサイバーウォー」;「インドを襲った停電は”西側”のウィルスによって引き起こされたのではないか」というお話。
真偽のほどは分からない。

Pour le site LIESI la panne d'électricité qui a frappé l'inde a été causée par un virus "occidental".

Guerre monétaire & Cyber-War « L.I.E.S.I.
http://liesidotorg.wordpress.com/2012/08/04/guerre-monetaire-cyber-war/

Black out géant en inde : une attaque des USA contre l'étalon Or ? | ZEBUZZEO
http://zebuzzeo.blogspot.jp/2012/08/black-out-geant-en-inde-une-attaque-des.html

2012年6月30日土曜日

金融資産の指数関数的成長

欧州統合の夢はマネーシステムの改革に鍵があること、長い危機を通して、みなが実感しているにちがいない。

「欧州の多様性における統一は維持されなければならない。国家は資本の所有者の意向だけでコミュニテイから・・・排除されるべきではない・・・現在の金融・経済危機は実体経済を”スキミング”し、マネーが利用できる場所にのみ関与を望む利子と投機を通して貨幣を自己再生産する制約のない権力・・・にある。・・・社会的にみて破壊的な債務マネーのシステムは中立的なものに再配置され、貨幣流通を確保するものに置き換えられるべきだ。実現しえざる貢租(註:利子や金融投機による収益)を求めることで・・・不当に創りだされた金融資産の指数関数的成長は債務と金利のモラトリアムと公正な貨幣改革によって停止させられねばならない・・・」

http://fairconomy.blogspot.jp/2012/06/offener-brief-zur-esm-abstimmung-im.html

2012年6月23日土曜日

金融取引税

我が国は、消費税の増税でやかましいが、欧州各国などで動きのある金融取引に少額の税をかけるいわゆるロビンフッド税、金融取引にいわば印紙税を課すことはなんで問題にされないんだろう。政治家やお役人にとって金融部門はアンタッチャブルなのかな。

「ウォールストリートに対する少額の税が普通の人々などを変えうる;金融部門に対するこの税は毎年数千億ドルを集め、仕事のために経済を始動させる資金を提供し、米国を再建する力がある。これは米国や世界中の社会的セーフティネットを救うことができる。」

Robin Hood Tax | Robin Hood Tax
http://robinhoodtax.org/

適度な経済成長

「米国における本当の問題は我々が適度な率で経済を成長させることができず、労働市場に入ってくる人々が適切に吸収されないということである。それは雇用創出を促進できず、この世代が彼らの両親よりもよい生活をしえない将来を見ているので、ウォールストリートを占拠せよ運動の動きを助長してきたのである。」

常に労働市場に入ってくる若い世代を吸収しうるような、適度な経済成長を実現しえていないのは、多くの国々で現実だなあ。我が国もそうだろう。

Economy Unable To Grow At Moderate Rate - Seeking Alpha
http://seekingalpha.com/article/677041-economy-unable-to-grow-at-moderate-rate?source=email_portfolio&ifp=0

2012年2月14日火曜日

ギリシャのデフォルトで困るのは

「ドイツの指導者たちによってはギリシャが底なしであることを認識し始めている。あからさまなデフォルトがギリシャや誰のためにも最良の薬であることを理解し始めているのだ。断固として反対している者たちはすでにギリシャ国債の70%ヘアカットを受け入れている者たちではない。反対に、その義務を果たさなければならなくなるデフォルトを必死に回避したいカジノ銀行のデリバティブズ・ディーラーである。ギリシャのデフォルトに対するCDSという保険を数百億ドル発行したカジノ銀行業界の一部はこれが起こるのを防ごうとして彼らが影響力をもつECBやIMFに頼っている。・・・」

まさにギリシャのデフォルトで誰が困るのか考えれば事態は明らか。CDSを引き受けてきた投機的な銀行業者は気が気でないのかもしれない。

The Greek De Facto Default - Seeking Alpha