2009年2月17日火曜日

戦後最大の危機

昨年10〜12月期のGDPが前期比年率換算で12.7%も落ち込み、悪い悪いといわれてきたユーロ圏の5.7%減に比べても際だっている。

外国でどう扱われているか、アルジャジーラをまず見てみた。

「日本、数十年で最速のスランプ」とあるなあ。こんなことばがおどってる。

米国の経済危機が日本に深刻な影響をあたえているグローバルな不況の引き金となった。

与謝野は日本が第二次大戦以来最悪の経済危機に直面していると語った。

日本はグローバルな製品需要の落ち込み、前例のない輸出の停滞で厳しい打撃を受けている・・・
アイスランドや英国をみていると金融立国は危ない、日本をみてみれば過度に輸出に依存した経済ももろいということになるか。つとに指摘されてきたところだ。反省しないでここまできたということだろう。

0 件のコメント: