2009年4月28日火曜日

信託物

預かり物というのがある。信託物といってもいいか。

誰から?

神様からと考えるのもよいし、社会からと考えるのもよいし・・・

世の中の余った富というのを持っている人がいる。お大尽かな。その豊かな人がみな、こんなふうに考えて行動してくれるとありがたいのだが。

まあ、なかなかそういうひとはいない。

余った富はコミュニティの利益のためにその保有者が一代で管理すべき神聖な信託物である。(アンドルー・カーネギー)

0 件のコメント: