2009年5月11日月曜日

a1m-twitter

  • 19:04 中央銀行は再び金塊の魅力に屈する。(FT) : bit.ly/18L0X0 #
  • 19:19 「経済危機とその経済科学にとっての意味」: pirsa.org/C09006 #
  • 19:25 「心理学者は経済学者より優れた株式市場の投機家である」(Medical News Today);かつて昭和初期、我が国では相場師の間で大衆心理や群衆心理への関心が高かったことをフト思う: bit.ly/RUEqE #
  • 19:30 「金融メルトダウンの背後に誰がいる?金融危機のルーツ」;ワコビアはもうちょい上位かと思っていたが・・: bit.ly/FT3CS #
  • 19:32 米国の消費者は借金と格闘している。Economist.comの記事読むべし;まんがもよい。: bit.ly/18Cn8a #
  • 19:38 「合衆国政府のFinancial Reportによると、連邦政府の総債務2000年20.4兆ドルから2008年の56.4兆ドルへと、ブッシュ政権下で36兆ドル増加した。」: bit.ly/163Dbx #
  • 19:40 2008 Financial Report of the United States Government: bit.ly/efNOc #
  • 19:43 ルービニのへま: bit.ly/17EjcG #
  • 19:48 ☆☆GRSJサイト更新;曽我純、「トヨタの大幅営業赤字予想と2年連続2桁減の鉱工業生産指数」: bit.ly/McsjQ #
  • 20:03 米国の中国に対する利払い: bit.ly/RvbfR #
  • 22:35 「米経済、後半には成長を開始」;そううまくいくかな: bit.ly/U9qhl #
  • 22:38 「V字回復はない、政府債務は爆発」;「資産市場の崩壊は深く、長引く;銀行危機は産出高と雇用の深刻な低下をもたらす;政府債務は爆発する傾向」: jkaonline.typepad.com/ #
  • 23:16 連帯経済というのも流行ってきていまね。昔からあるんですが。: bit.ly/12tase #
  • 23:41 Berliner Zeitungがヴェルグルの奇跡について3月28日に取り上げているのを見逃していた。: bit.ly/10xOil #
  • 00:16 マイナス金利の政策は英米でも戦前、かなり知られていたのですが、大戦でとぎれてしまいました。エンデの遺言を出した頃、連銀のマービン・グッドフレンドのペーパーと当時BOEにいたブイターのペーパーが送られてきて時代は変わるのかなという感じがしましたが、まだまだですね。そろそろ1 ... #
  • 00:27 「地域通貨カンバック:米国のコミュニティは自らの貨幣を印刷する」: bit.ly/y513y #
  • 00:30 「みなに800ユーロを;基礎所得の理念」(まあチョットメモしておくか): bit.ly/IckSQ #
  • 00:34 複数アカウント、使ってますよ。ネットに情報あり #
  • 09:04 さあ、今日からフル回転だな〜 #
  • 09:46 マイナス金利への抵抗感は強いなという印象。TheMoneyIllusionから。: bit.ly/lnE42 #
  • 09:46 「私はすぐに過剰貯蓄に対する私の懲罰的な金利との類似性を見て、マンキューに私のアプローチの優越性を納得させようとした。しかしいまだ彼が過剰貯蓄に対する懲罰的金利に反対しているのかどうかわからない。 #
  • 09:46 だが私はこう言うのが公正だと思うが、彼はそのアイデアに夢中になってはいなさそうだと。なぜか。彼は正しくも、名目金利を顕著にゼロを下回らせないであろうと記しているからだ。それはキャッシュの考え方に関する彼のマイナス金利の対象であった。 #
  • 09:47 対照的に私は、金融政策をベースマネー需給における変化のレンズを通してみる傾向がある。それで過剰貯蓄への需要のなかに8000億ドルを投下することから生ずる大きな利点を見たのである。(たとえそれがキャッシュ保有の増加に導いたにしても)」 #
  • 09:47 彼がどのような懲罰的金利の考えをもっているかはまだ調べていない。まあいいか。 #
  • 09:53 ダウ/ゴールド: bit.ly/P7jnv #
  • 10:06 米国ではカード破産増えている;「専門家は、何百万人ものアメリカ人が彼らの債務を返済できないと予測する。住宅恐慌からいまだ回復しようと試みている経営難の銀行の大きい穴は別にして。」: bit.ly/pPXv6 #
  • 10:14 「私たちのマネーシステムは本当に持続的に機能しうるようにアレンジされていますか?」: bit.ly/3HaIGB #
  • 10:40 忘れるということはひょっとして人間の大事な能力かもしらんと思うときがある。 #
  • 11:36 日独ともに10年債売り優勢。金融市場が不安定なときは安全に逃げ、安定化したとなれば安全でないものに向かう。人間ってのはそういうもんだな。 #
  • 11:53 もうボケのほうに向かっているのだろうが、昔の記憶は鮮明。特に年寄りに聞いた話は役立っている。よく投資の相談をしてくるひとがいるが、経営者は相場に手を出すな、思惑師は経営に口を挟むな、要求される能力が違うからだと昔から言うでしょうと応える。これ昔年寄りから聞いた話。(笑) #
  • 12:07 余裕の遊資を持つひとが多いからかもしれないが投資に関心をもたれる堅気の方々をみる。よく思うのだが、最近は昔の相場の言葉が少なくなったように感じる。投機家なんていうより思惑師といったほうがイメージが湧くと思うのだが、どうも米国生まれの表現が優勢だ。 #
  • 13:30 quote of today 090511「斯くの如く一時代の思想観念なるものは偶然に、又何等かの変化に連れて、卒爾として発生するもにあらずして、皆それぞれ遠き過去に根柢を有するものなり。 #
  • 13:30 而して其幹枝が成長して花を着くるに至るも亦時の力に基因す。されば其の発達の根源を探らんと欲せば必ずや過去に遡りて之を求めざるべからず。蓋し一代の思想観念なるものは、過去が生みし息女にして、同時にまた未来を生む母なり。」(大日本文明協会、『群衆心理』) #
  • 13:33 The new new money か;ネットでとっているかぎりどなたも情報源は似てくる(^_^): bit.ly/1aGDYi #
  • 14:02 あはは、昨日同じ話をある方としましたよ。昔から素人筋を買いつかせる相場の作り方ですね #
  • 14:03 まだ止めておいたほうがいいかも(^_^) #
  • 14:23 へ〜、ちょっと見てないうちに、fauxmonnayeurs のサイトでモーリス・アレの「今日の世界危機:金融・貨幣制度の根本的改革のために」が掲載されていた。: bit.ly/CfOs9 #
  • 14:28 米国の国家債務をチェックするにはいちいち連銀のサイトにいかなくてもココが便利か: bit.ly/17bnE9 #
  • 15:53 富士ゼロックスさんよりGraphication162号をお送りいただく;ここでもベーシックインカムかい;流行だ。流行らないときはここで議論をしている方たちは何を言っていたのか明らかにして欲しいものだ。 #
  • 15:55 安定した地位・所得のある方々が格差社会のご心配;まつろわぬ民としてはこそばゆい。 #
  • 16:00 なんかいま止まってますね。リアルタイムのカウンタは独仏でもあったけど、どこも心配でしょう。米国の赤字カウンタでブログに貼り付けられるパーツもみかけたことがある。 #
  • 16:00 我が国はもうGDPの200%が見えてきてますからね〜 #
  • 16:18 株式市場の回復を受けてルモンドのエコノミストかな、強気で感心するなあ;「パニックになる理由は存在しない。この傾向は表層的ではない。・・・いまだ崩壊を叫びたい向きががなりたてるが金融市場の漸進的な回復をとどめることはできない。」: bit.ly/yry4a #
Automatically shipped by LoudTwitter

0 件のコメント: