2009年5月3日日曜日

金融市場の相互接続性

今回の金融危機で、金融市場の相互接続性に関心が持たれたことだろう。

米財務省の文書に下記の指摘をみる。

相互接続性は金融商品取引の公式な市場やあるいはより非公式なネットワークで発生する。こうしたネットワークないし取引メカニズムは自由な資本移動やリスクの効率的な負担にとって不可欠である。ネットワーク構造はヒースロー空港などのエアラインハブに似ている。すべてが計画どおりに事が進められるなら、そこでは、乗客や彼らの荷物は効率的に1つの目的地から別のそれに移動させられる。しかし、障害が一つか二つの出発ゲートに起こるなら、全体の相互接続された空港は全面的な混乱に陥ってしまう。

私たちは同様の脆弱性を電力ネットワークなどにも見るが、世界の金融システムが作るネットワークの弱さはひときわの感がある。

0 件のコメント: