2009年6月2日火曜日

a1m-twitter

  • 22:09 a1m-twitter: 19:11 a1m-twitter: 21:00 a1m-twitter: 19:10 「過剰流動性の大きなうねり」: bit.ly/TlJ4x # 19:14 「ハイパーインフレが米国にやってくる.. bit.ly/JVTkv #
  • 06:03 quote of today 「私たちの人生のどのような局面も、ある意味で、私たちが住んでみたいと願うような世界に向けた投票です。」(フランセス・ムーア・ラッペ) #
  • 06:12 「はじけるべき次のバブルは高等教育だろうか」;そう思う、どの国でも: chronicle.com/free/v55/i37/37a05601.htm #
  • 09:12 WolframAlphaはほんと、便利だ。重宝している。使わない手はない。 #
  • 09:57 大豆は需給が逼迫と投機マネーの流入で上がるんだろうなあ: bit.ly/6oTkM #
  • 10:06 清話会さんの「先見経済」6月1日号別冊に、拙文「金融危機後の体制はどうなるのか ――米国の過剰消費なきあとの、新たな経済モデルとは」を掲載いただきました。: bit.ly/frKkb #
  • 11:10 欠くべからざるもの: 苛烈で非人間的な競争社会から降りる選択をする人も増えているときく。しかし競争をもって社会発展の基礎とする考えも強い。「個人にとって、競争の法則は時に厳しいものであるかもしれないが、種にとっては、どのよう.. bit.ly/b0ei7 #
  • 11:10 米国債: カネの行き場は収益が期待できながら同時に高度な流動性を保証してくれるところほどよい。そのためには、市場が大規模、取引活発が大前提。だからこの間、投資家が米国債を売って金利は落ちたが、買い手はそれでも多い。先週の中期.. bit.ly/brpJO #
  • 11:22 経済学者の評判は悪いなあ; ビジネスウィーク;「経済学者にいくらかの正確さをもって未来を予測すると期待はできない。そのためにはたんに世界は複雑すぎるのだ。しかし彼らは危険を前に警告できるべきだし、災害が起きるとき、なにができるか知っているべきだ。 #
  • 11:23 人々はそうしたときに経済学者に注意をはらう。経済が大恐慌の繰り返しに滑り込んでしまうのを防ぐ方法を彼らが知っていると大胆にも求めるからだ。 #
  • 11:23 しかし大恐慌後70年経っても、経済学者はまだ全員の意見が一致してはいない。論争が数週間の間、激化しただけだ。」: bit.ly/C6XTa #
  • 13:32 ついったーの爆発はなにをもたらすか、興味津々: bit.ly/OQgnW #
  • 13:35 集合的知能システムか;然り。 #
  • 13:41 「ついったー上には多数のカルマが存在する。貢献すればするほどそこから多くを得る」(Paul Farhi )確かにそうだ;カルマとは業、「なすことそれ自体」(कम्म)であるからだ。 #
  • 13:49 金融業者にとって経済の前途は希望に満ちたものであるようだ: www.forbes.com/feeds/ap/2009/06/01/ap6487215.html #
  • 13:56 「平行通貨ルネッサンス」: bit.ly/nbR7Y #
  • 14:00 「スイスで公式通貨の危機が補完通貨のブームにつながる」: bit.ly/nbR7Y #
  • 14:04 「自由貨幣とは」: bit.ly/zRMMu #
  • 14:09 しかしこの、自由貨幣を取り上げたブログはホントにロシア大統領の非公式ブログなのか? #
  • 14:23 ☆☆「二つの蜂蜜の壺のための宝石」: bit.ly/6BHze #
  • 14:38 「実際、消滅貨幣は資本蓄積を妨げる。それは資本蓄積、言い換えるなら資本主義の純粋な障害であり、資本蓄積を干上がらせるものだ。」: bit.ly/M3NcU #
  • 15:37 カーボンタックス: bit.ly/JMDM0 #
  • 15:53 ゴールドと政治的リスク: bit.ly/SYayH #
  • 16:02 教育もはじけるのか: 清話会さんのブログに掲載いただく;深謝。 bit.ly/8ekJC #
  • 16:13 「遅いのより速いほうがいつだってよいのだが、それがどれくらいの速さで行けるのかがはっきりしない。」: bit.ly/17CSr5 #
  • 16:32 テレグラフ、リチャード・クーの陰陽論を取り上げる: bit.ly/kbo8E #
  • 17:25 「中国の忍笑い」: bit.ly/VQDZd #
  • 17:38 デリバティブズ規制の行方はどうなるか: bit.ly/19t6ce #
Automatically shipped by LoudTwitter

0 件のコメント: