2009年6月23日火曜日

カミユ

貨幣の仕組みについての知識を得たり経済の動きに関心を持つ。それがじぶんを貨幣への隷属から解放することになると思う。カネに頼らぬ世界を空想しているわけではない。人間たちの間ではなんらかの決済手法が不可欠。ただし、現行の決済手法がよいといっているわけではない。貨幣廃止ではなく、問題は貨幣改革なのだ・・・

カミユの言葉を忘れてはいない。

「カネなくして幸せでありうると人々に思わせるのは一種の精神的な俗物根性である。」(アルベール・カミュ)

0 件のコメント: