2009年7月6日月曜日

放流先

年寄りなので若い人のように呑み込みがよいわけではない。が、珍しもの好きなものだから新しいものにすぐ関心をもってしまう。じっくり人のするのをみてそれからという思慮はなく、すぐじぶんでしてみたくなるというのも性分か。当然、不案内きわまりないから右往左往のあげくにああこうすればよかったのかとわかる。ネットの新サービスにしてもそうで、SNSがはやりそうだとなればしてみる、ブログをみながしているようだとなると、これまたすぐ始める。

ブログサービスなど、どこかどうやらわからないので、3つも4つも作ってみる。試行錯誤を繰り返し、ようやくグーグルのこれが合っているかとわかる。まあ事前に慎重に調べればよいのだが、昔からそういうことはしない。性格というものかな。マイクロブログも初めてみたが、これはなかなかよい。中毒性ありとは、わかるなあ、と。

最近気づいたのは、マイクロブログは放流先にすればよいのだということ。まあ、情報の下流である。下流に直接放流したいものはそうして、ブログはもう少し上流ということで、そこで放流しておきたい情報はそうする、いずれにしても、最後には下流に流れるようにしておける。放流元、ブログ、放流先マイクロブログでいいじゃないかと、最近、じぶんなりに飲み込む。

そんな簡単なことを理解するのに、数ヶ月かかったが、それはそれでおもしろく、楽しかった経験であった。

0 件のコメント: