2009年8月31日月曜日

a1m-twitter

  • 18:38 "Free !" : pourquoi l'économie de demain sera gratuite | Eco89 ff.im/7nrDX #
  • 20:27 pcの電源入れる;本日あとひと作業するか。 #
  • 20:28 ダグラスについて少し取り組めなかった。 #
  • 20:30 信用マネーを考えると、当然にもその生産コストは小さい。ましてや限界コストはゼロである。 #
  • 20:32 他方で信用マネーはもともと利子を生む債務である。 #
  • 20:33 それが意味するのは、生産のコストではないが、こうしたマネー� ��存在することに関連したコストがゼロではないということだ。 #
  • 20:36 そのコストは共同社会の貨幣総量のうち利子コストが発生する部分に比例しており、もちろん貨幣のタームで表現されるものだ。 #
  • 20:36 a1m-twitter: 19:32 今年初めて梨をいただく # 19:32 おいしい # 19:33 まことに百果の長 # 19:50 湧き物: bit.ly/4e4RYi # 20:28 なにげなく「五行大義」を読んでい.. bit.ly/d6Ig2 #
  • 20:39 利子率と、利子の発生する貨幣と発生しない貨幣の比率、及び貨幣の回転頻度が一定である場合、貨幣のタームで表した利子コストは貨幣回転率に比例する。 #
  • 20:45 それゆえ、実質回転率が人間の欲求をよりいっそう満たすことに対応しているほ大きい場合、その場合に限って、この実質回転率が関心を持たれることになる。つまり貨幣の実質的回転率の大きさが人間欲求をよりいっそう満たすかどうか、である。 #
  • 20:46 明らかに最近のマネーゲームにおいて顕著であるが、そこでは人間欲求との対応は失われているか、第一義性を喪失している。 #
  • 20:51 しかし対応関係が維持されているような状況下で、貨幣回転率が低いようであれば引き上げられるであろうが、ただ無意味なインフレを意味する水準にまで高騰する事は回避されるべ� ��だろう。 #
  • 20:53 とにかく、協同社会にとって特別な関心を寄せるべきは貨幣量ではないということである。 #
  • 20:55 貨幣の回転率、もちろんその実質的な回転率なのである。しかしダグラスにあってはこうした視点は欠けているようにみえる。 #
  • 21:05 Coming Soon: The Alt-A Mortgage Reset Bomb ff.im/7nHlo #
  • 21:06 FT.com / US / Politics & Foreign policy - White House set for backlash on national debt ff.im/7nHo5 #
  • 21:12 Debtwatch No. 38: The GFC—Pothole or Mountain? | Steve Keen's Debtwatch ff.im/7nHZE #
  • 21:13 Mish's Global Economic Trend Analysis: Survival Of The Biggest ff.im/7nIbJ #
  • 21:22 このことは社会にとっても個人にとっても当てはまる。欲求がみたされる水準を決めているのは貨幣量ではないのだ。貨幣の実質回転率をみなければならない。 #
  • 21:24 ダグラス主義における貨幣の外部注入による貨幣量の増加は解決策として十分なものとはいえない。 #
  • 21:27 金箱のなかのカネがいくらあるかよりもそれがどれくらいの頻度で使用されるかが問� ��である。 #
  • 21:28 金箱にたとえ半分しかカネがなくてもその貨幣としての効率が二倍であればよい。 #
  • 21:35 おっと・・・9時半を過ぎたか・・・ #
  • 22:27 それと言はず: bit.ly/MWx6i #
  • 22:42 wijaプレゼンス、不可視でもツイッターに放流される #
  • 08:45 わたりかね: bit.ly/3c8u3m #
  • 09:15 "Emergency Control" of the Internet ff.im/7p71d #
  • 09:37 RT @WAStrnad: Japan's Unemployment Threatens Short 'Honeymoon' for Hatoyama bit.ly/vo26h #
  • 09:43 RT @WSJEconomy: Deflation, Job Losses a Twin Blow for Japan bit.ly/1rPJ4b #
  • 09:50 今日はこの雨のなか上京しなきゃならんのか plurk.com/p/1r96cl #
  • 10:38 RT @todayspolitics: China's 'unluckiest generation' reflects on cost of revolution #politics bit.ly/UxxNb #
  • 10:41 RT @EconomyFacts: China surpasses Germany as the world'... cli.gs/teH8v #
  • 10:49 RT @blicklog: Nassim Taleb bei Bloomberg TV: US Banking System `Designed to Blow Up' bit.ly/cVniR #
  • 10:59 RT @actujapon: Google : L'?conomie du Japon semble sortir de ... - La Croix bit.ly/1iVEC3 #
  • 11:18 八ヶ岳南麓原村から: 防災訓練 ff.im/7pkPk #
  • 11:18 八ヶ岳南麓原村から: エルフェンのパン ff.im/7pkPR #
  • 12:13 為富者慮貧: d.hatena.ne.jp/a1ma1m/2009 0831 #
  • 12:36 値踏み: bit.ly/CMzOA #
  • 12:38 台風直撃かも、ということで予定変更、在宅でよしと。助かった。 #
  • 13:05 1時を回ったか;昼食はどうするか;抜くか。これからの政府、配偶者控除も廃止するし増税だからな; #
  • 13:11 [] mltp.ly/1zNFnkA #
  • 13:12 [] mltp.ly/91SmdB6 #
  • 13:14 [] mltp.ly/31bBySY #
  • 13:15 [] mltp.ly/hOmoMvu #
  • 13:15 [] mltp.ly/92lSxfW #
  • 13:16 [] mltp.ly/iq1WrgQ #
  • 13:17 [] mltp.ly/aqszY4M #
  • 13:17 mltp.ly/6irxaVy #
  • 13:18 mltp.ly/7hKTgRy #
  • 13:19 mltp.ly/bdqFKfK #
  • 13:21 mltp.ly/2w95iQU #
  • 13:22 mltp.ly/2uAzJPa #
  • 13:26 必要あって、船津伝次平をもう一度調べる気になる #
  • 13:59 ゲゼル研究会サイト更新;曽我純「本気でプラス成長になると考えているのか」: grsj.org/market-letter/ #
  • 14:27 ダグラス・メモ4: 信用マネーを考えると、当然にもその生産コストは小さい。ましてや限界コストはゼロである。他方で信用マネーはもともと利子を生む債務である。それが意味するのは、生産 のコストではないが、こうしたマネーが存在するこ.. bit.ly/r8eY6 #
  • 16:51 金本位制に関して戦前の欧州の歴史をちょっと調べる。 #
  • 16:52 戦争インフレ1914−1918→デフレ=危機1919−1921→相対的物価安定期1922−1928→デフレ=危機1929−1936→平価切り下げ1937→戦争及び戦後のインフレ1939−1948 #
  • 16:54 金本位制の束縛がいかに経済や社会に打撃を与えたか。一人当たり実質国民所得の推移、生計費指数、輸出入等々・・・ #
  • 16:55 歴史� ��調べていると時間が経つのがはやい・・・ #
  • 16:55 5時だ・・・台風はどうなったのか #
  • 16:56 作業、一区切りとしよう。 #
  • 16:59 China Stocks Plunge Most Since June 2008; Baoshan, Sinopec Drop - Bloomberg.com ff.im/7pXnZ #
Automatically shipped by LoudTwitter

0 件のコメント: