2009年9月24日木曜日

貨幣システムの欠陥

先にメモしておいた信用マネーによる購買力不足という欠陥に加え、貨幣システムの欠陥としてRoelofsはあと二点挙げているので、このさいついでにメモしておくか。

Ĉar mono - kiel aktivaĵo - ( se ni esceptas tempoji de severa inflacio ) estas "pli bona" ol preskaŭ ĉiuj aliaj poruzaĵoj pro la senkosteco de ĝia tenado kaj pro ĝia alta premio de likideco, ĝi estas netaŭga por sia precipa funkcio.

資産として貨幣は、厳しいインフレの時期を除いて、持ち越し費用がなく、高度な流動性プレミアムによって他のほとんどのコモディティより「優れた」ものであるが、元来の機能に似つかわしくないものである。

Kiel varo ĝi estu ne pli bona ol kiu ajn alia varo.

商品としてそれは他のどの商品よりも優れたものであってはならない。

Ĉi tion konvinke demonstris Silvio Gesell, al kiu ni ŝuldas la ideon de impostata aŭ "forvaporiĝanta" mono.

このことはシルビオ・ゲゼルによって説得的に示されており、我々は課税(スタンプ)貨幣の観念を彼に負っている。

・・・
La stabileco de la prezonivelo estas minacata ne nur de la mona flanko, sed ankaŭ - kaj altgrade - de la vare flanko, pro la malatabileco de la prezoj de krudaj materialoj, kiun fakton aparte substrekis Profesoro Goudriaan, kiu por kuraci Ĉi tiun malbonaĵon proponia krudmaterialan mononormon.

物価水準の安定はマネーのサイドからばかりか、また、そして高度にコモディティサイドからも脅威を受ける。この事実は原材料価格の不安定性によるもので、グドリアーン教授がとりわけ強調したものだ。こうした弊害に対する対策として彼は原材料本位制を提案してきた。・・・

前者はゲゼルの議論ですでに広く人口に膾炙するようになった。今日の金融危機をみても、核心が持ち越し費用のかからぬ流動性の跋扈にある事実に目がいくであろう。同時にまた、今日の危機が貨幣サイドばかりでなく、これと対応しながら資源面での制約から来る価格の不安定性でもあることも気づかれてきた。それに対する対策は、各種国際商品のバスケットによって担保された通貨の創造による国際商品価格の安定化策であるが、すでに30年代初頭に議論されていたものだ。

その詳細も折を見て紹介すべき時期にきているか。

なぜなら、購買力補正も課税貨幣も必要不可欠だが、資源制約の強く作用し、意識される時代であれば、資源価格の安定化方策もまた必須であるからであり、三つの論点を同時に解決していく枠組みが必要な時代に私たちは立ち会っているからだ。

0 件のコメント: