2009年10月10日土曜日

a1m-twitter

  • 18:30 a1m-twitter ff.im/9uhjk #
  • 20:06 Demise of Dollar - Nation Should Prepare for Changes in Key Currency - The Korea Times ff.im/9uwV5 #
  • 20:21 Querschüsse: "Deutsche Exporte mit -20% im August" ff.im/9uzjf #
  • 20:23 a1m-twitter: 18:30 a1m-twitter ff.im/9qycf # 20:28 a1m-twitter: 18:30 a1m-twitter ff.im/9mI3B # 19:21 a1m-twitt.. bit.ly/fkIZv #
  • 20:28 Querschüsse: "Japanischer Maschinenbau weiter in der Depression" ff.im/9uAQ8 #
  • 23:26 News Release: U.S. International Trade in Goods and Services ff.im/9v7k1 #
  • 23:27 Wall Street Drifts Higher After Trade Report - NYTimes.com ff.im/9v7kq #
  • 23:34 The Oil Drum | What Peaked at the Same Time as Oil? ff.im/9v8Xq #
  • 23:40 FT Alphaville » Blog Archive » The return of the commercial mortgage backed security ff.im/9vade #
  • 23:44 ドル安が助けになったか; Calculated Risk: Trade Deficit Decreases Slightly in August ff.im/9vaZJ #
  • 23:48 杉ちゃんが行く!5 : 「めぐみ」映画鑑賞会 ff.im/9vbGJ #
  • 23:58 State capitalism and the crisis - McKinsey Quarterly - Strategy - Globalization ff.im/9vdNs #
  • 09:48 安く: bit.ly/yVQKW #
  • 09:57 The Securitization Boondoggle  : Information Clearing House - ICH ff.im/9wVUs #
  • 10:02 War, What Is it Good for? Iraq to Deal Oil in Euros | PEEK | AlterNet ff.im/9wWHN #
  • 10:13 米国 の現実は"die Realität ist finster"真っ暗だよな〜: Querschüsse: "Warum Obama den Nobelpreis bekommt?" ff.im/9wYiC #
  • 10:18 (^_^)(^_^)Deep Politics Monitor: A Nobel Prize in Literature to G.W. Bush would have been more appropriate ff.im/9wYUi #
  • 12:04 FT.com / Reports - Employment: Job losses – the third phase of the crisis ff.im/9xemZ #
  • 12:05 FT.com / Reports - Winners and losers: Global strengths and weaknesses are exposed ff.im/9xevW #
  • 12:10 Whodunit? Sneak attack on U.S. dollar - Yahoo! News ff.im/9xf7v #
  • 13:51 我が国は順位を落とし9位に; Financial Development Report ff.im/9xsLW #
  • 13:53 World Economic Forum - Financial Development Report ff.im/9xt0W #
  • 13:56 国際競争力のリポートなどもあり。まあそんなものかなと見るのも一興 #
  • 16:04 The Dollar Adrift - WSJ.com ff.im/9xKbM #
  • 16:29 たくみ: bit.ly/FDepa #
  • 16:49 窮まる: bit.ly/A1eEq #
  • 16:53 なんだのかだの: bit.ly/3fIpXb #
  • 16:58 かた: bit.ly/8KraA #
  • 17:14 いばる: bit.ly/jLUmh #
  • 17:37 プレーヤーがどう考えているかでかなりゲームは左右される。経済も似たようなところがある。 #
  • 17:38 事は是非にあらす、プレーヤーのアタマのなか。 #
  • 17:40 ごく平均的には、物価が上がっているときや上が� �と予想されるときは、事業収益も増加が予想されるし、生産も活況が予想され実体経済は盛況へと向かうことだろうと考えられる。 #
  • 17:41 物価が下落しているか下落すると予想されるときは、反対だ。生産活動は手控えられるだろうし、景気は沈滞するにちがいない、と考えられる。 #
  • 17:42 そうすると物価の上がり下がり、騰落を決めているのはなんだいとなる。 #
  • 17:43 これはもうがっこーで教えてくれた需給関係で決まる。 #
  • 17:45 経済的に取引されるモノやサービスの需要と供給という二つの要素が登場する� ��けだから、それら双方の物価に対する決定力はどうか、ということになる。 #
  • 17:47 供給側はモノやサービスの物資や用益の事情だから具体的な経済活動、これに対して需要側は購買力だから、現金や信用のような通貨の事情だ。 #
  • 17:48 需給の関係といえばこれらの関わりだから単純かといえば、これがそうではない。 #
  • 17:49 なぜなら物価の上がり下がりが需要や供給を決めるという側面も否定できないからだ。 #
  • 17:51 たとえば物価が上がったので供給を増加しようとかm、需要を減らそうとか、下がったから供 給を減らそうとか需要を増やそうとかということが起きるから。 #
  • 17:54 また物価が高くても需要も強く、生産が活発に行われる場合もあれば、物価が安い場合でも需要が増えず、生産活動が不振というケースだってある。 #
  • 17:55 なんでこんなことになるのか、その根本原因はカンタン自明なことである。 #
  • 17:57 通貨あるいは購買力は自由に拡大したり収縮したりするが、生産ないし供給のサイドは物的な生産設備によって担われるが、これは事情への変化に柔軟に対応して伸縮するものではないということだ。 #
  • 17:5 9 ものごとは相対的に決まるので、通貨が膨張して購買力が急増したとしても、生産設備はこれにただちに対応しきれないので、そうして場合によれば資源量などの制限さえ受けることもあるし、そうなれば相対的な供給量の過少が起こるだろう。 #
  • 18:00 そうなれば物価は騰貴する。 #
  • 18:01 反対のこともありうる。通貨が収縮したとする。購買力は萎縮するわけだが、このばあいは過剰となった生産設備が物価を押し下げる。 #
  • 18:04 ただある期間の経過を考えれば、生産のサイドの対応は進むから、結局は物価が上がれば生産設備は拡張され生産高が増え、供給が� ��えれば物価が下がり・・・と、がっこーで教えてくれたようになるとはいえる。 #
  • 18:05 しかし問題なのはそんな結局そうなるという時間の流れよりも短い時間間隔で人間、経済活動を行っているように見えることだ。 #
  • 18:06 まあごくアタリマエの話ではある。 #
Automatically shipped by LoudTwitter

0 件のコメント: