2009年10月23日金曜日

クラッシュ

Dollar Troubleという一文を読む。

「なによりも「クラッシュ」はあいまいな言葉だ。私はハイパーインフレの範囲に通貨価値が突入する意味に取る。しかしいま私たちは連邦政府が輸出を増やし家計と金融部門の債務の実質価値を減少させようとドルの価値下落を管理しているのを見ている。これはクラッシュではない。主要な貿易相手国と向き合い、米国の地位を改善するという意思で計画された破壊なのだ。それはドルを貯蓄する人を犠牲にしてドルをいっそう競争力あるものにする一種の通貨戦争なのだ。それこそバーナンキが望んでいることなのだ。」

まあ、たしかに私たちが見ている光景だな。

0 件のコメント: