2009年10月16日金曜日

価値の保蔵

価値の保蔵 store of value

貨幣は価値の保蔵、すなわち価値を蓄積する方法として使用しうる。しかし歴史的にみると、貨幣を価値の保蔵手段として使用しなかった多くの事例が存在する。産業社会以前、主要な価値の保蔵手段は土地であり、またその改良、そして家畜であった。そして今日、ひとは、時の経過のなかで価値を維持したり(あるいは増やそうとして)資産を株式に投資したりして、価値を維持しようとする。貨幣を価値の保蔵手段として利用することには社会的なコストが発生する。なぜなら、他の人々の取引を不可能にしてしまうからだ。人々をして価値の保蔵手段としてではなく、ただ交換の媒介物として貨幣を利用するように促すには、滞り料(demurrage)の手法がある。

0 件のコメント: