2009年11月30日月曜日

ドバイの金融危機

ドバイの金融危機のニュースは世界を駆けめぐって、敏感なマネーを安全資産へと逃避させ、株式は下げ、ドルと円は上昇しと波乱をもたらした。キャリートレードによる高いリスクテイクは悪夢シナリオを呼び起こす。

そんななかマイク・ホイットニーの「ドバイにおける金融危機、悪夢シナリオへか?」が目に付く。ひとによっては、声高な危機を煽る主張をするが、彼の指摘が順当なところではないかなと感じられる。

要旨はこんなところ。

ドバイのデフォルトは金融崩壊2の始まりではない。ここでドミノを探さないように。然り、新興経済、とりわけ東欧で大きな債務膨張に関する深刻な問題が挙げられる。だが、これは厳密な意味で「ソブリン・デフォルト」ではない。そして、メルトダウンが伝染する高いリスクは少しもない。油の豊富なアブダビは流動資産を8000億ドルくらい積み上げている。平然とドバイ・ワールドの600億ドルの債務を返済するかもしれない。しかし、アブダビは浪費家の弟に債務のリストラを強いることでモーニングコールを送りたがっている。それは、銀行、債券所有者、および契約者が髪を切らねばならないことを意味するが、商業用不動産市場の底知れない状態を考えると、驚くべきことではない。

ドバイ・ワールドの所有者は米国中を吹き荒れた、同じような性急な債務であおられた商用建築工事のどんちゃん騒ぎをしていた。いま需要は崖から転落し、信用は窮屈になっている。ドバイ・ワールドは債務を繰り延べることはできないし、義務を果たすこともできない。それは、クレジット・バブルがはち切れたとき通常起こることである。

木曜日に、バンク・オブ・アメリカのアナリストは声明を出した。「アルゼンチンが2000年代初期、ロシアが1990年代後期にあったのと同じ仕方で世界の新興市場で騒がれた重大なソブリン・デフォルト問題に次第に拡大するであろうケースを除外できない」と。

これはナンセンスだ。いかなるソブリン・デフォルトもないであろう。アブダビは、数10億ドルを節約するために世界市場を急降下させはしないだろう。バンク・オブ・アメリカはほらを吹いている。危機が始まって以来、油は既に1バレルあたり3ドル下落している。おそらく、市場が月曜日に開く時までに一時的な解決があるだろう。それは、この最新の金融上の災難から学ぶ重要な教訓がないことを意味しはしない。それはある。

まず第一に、金融危機が終わらなかったことを例証している。家計やビジネス、国はいまだ「信用収縮」している。その進行中の過程は、支出を遅らせ、デフォルト、倒産、差し押さえを増加させるだろう。政府保証や刺激プログラムは趨勢を反転させないであろう。ドバイ・ワールドのような、数多くの事件が予想されるべきだ。これらの「信用案件」は、下降へと回復を混乱させ、株を押し下げるリスク回避に拍車をかけることだろう。

RGE Monitorのアルナブ・ダスはこれをこう要約している。「私たちは必ずリスク回避の上昇を見るだろう」。 ドバイの状況は、世界中の主要な中央銀行が金融システムを安定させたが、それらはどのような不節制も隠してしまうことはできないことを意味している。私たちはいまだバランスシート圧力を解決しなければならない。 回復は続いているが、重要な挑戦がまだ目前にある。」 (ブルームバーグ)

第二に、こうした事件が起こるとき、顕著な巻き添え被害が起きる。債券を引き受けているCDSのような規制されざる保険証券からである。こうしたCDSデリバティブッズは公の取引で販売されず、それを誰が保有しているか、どれくらいの金額で、請求に対して支払う十分な資本準備を発行者が持っているかどうか誰も知らない。システムが規制されるか、CDSが禁止されるまでは、AIGを幾度も繰り返すことを、より小規模であるにしても予想すべきである。結論は、現在の金融構造が働くようには設計されていないということだ。それは、一握りの投機家を大金持ちにするように設計されている。これらの投機家は議会、ホワイトハウス、および金融メディアを所有している(規則にどのような見るべき変化もなかった理由だ)。

ドバイはアルゼンチンではない。解決があり、契約者は支払われるだろう、全部ではないにしても。損失があるだろうが、接触伝染はないだろう。

ドバイの支払い「停止」に関するニュースは投資者の信頼がすでに薄かった世界市場をかき乱した。ドルと円は強くなった、そして、米国国債は変動した。「安全への逃避」で、連邦政府は資産価格を再膨張させるのがいっそう困難になっている。ドバイのような信用案件で投資家は神経過敏になる。そして、彼らは角を引っ込める。それは、不振を拡大して、不況を深刻化させる。

ドバイ危機が長引くと、ドルはいっそう強くなるだろう、そして、盛況のキャリートレードはクラッシュするだろう。このことが意味するのは、ハイリスクなポジションへの投資にのめり込んでいる手を広げきった銀行が再び打ち負かされることである。それは悪夢のシナリオである。

連銀は、金融システムの腕に武器を巻き付け、危険な抵当に何兆ドルもの無制限の保証をつけた。しかし、それは十分でないかもしれない。

0 件のコメント: