2009年11月30日月曜日

単純な教訓

たしかにドバイの砂と痕跡はバビロンのそれを想起させるものかもしれない。メディアが伝えるその写真はそういう感じを持たせる。

ブイターのブログ記事、「ドバイ・ワールドの本質的に重要でないこととそれが伝える重要なより広範なメッセージ」はこの件でおさえるべき視点を提供してくれているか。一読の価値あり。

「ドバイはシステム的には重要ではない。 家計の債務不履行から銀行のデフォルトを経て国家デフォルトへの旅程の、ありそうな最終的な行程の始まりの切迫性に目をひらくなら、その国の財政ー金融ポジションの脆弱性を金融政策決定者に警告することで、また深刻な財政負担を共有する緊急性を市民や有権者に教育することで、それは若干システム的によいことをするかもしれない。」

ということだ。

目を引いた指摘はこれ。

「ドバイとアブダビの主権者がドバイ国有企業の債務の後ろ盾でないかもしれないなら、本当に、ドバイ・ワールドやナヒールによる債務返済猶予や債務不履行が多くの市場参加者にとってニュースであることは明らかである。彼らは、ただ公的債務のみが主権者の債務であり、最高に保証された唯一の債務が主権者によって保証された債務であることを学んでしまうであろう。 単純な教訓ではあるが、有益なものである。」

事態はニュースにあふれていても、教訓はシンプルであるか。

そしてシンプルな教訓を提供する事実ほど動かしがたいし、覆い隠せないものだ。

0 件のコメント: