2010年1月8日金曜日

日めくり2010-01-07

「ミンスキーの分析が示したのは、・・・金融の不安定性が不可避であるばかりでなく内在的でもあることである。則ち、外部的な擾乱や”ショック”を必要とせずに、不安定性は内部から発生する。無期限に維持される均衡成長経路などというものはない。システムを変えることは別問題として、公共の責任は投機を規制することで金融の振る舞いを規制し、可能な限り長期間、景気循環の拡張的な局面を引き延ばすことである。」(Who Are These Economists, Anyway? by James K. Galbraith; http://www.nea.org/assets/docs/HE/TA09EconomistGalbraith.pdf )

0 件のコメント: