2010年1月4日月曜日

a1m-twitter

  • 18:30 a1m-twitter: 18:30 a1m-twitter: 18:30 a1m-twitter: 18:30 a1m-twitter: 18:30 a1m-twitter: 18:30 a1m-twitter: 18:30 a... bit.ly/8iUaho #
  • 18:30 a1m-twitter ff.im/dIpxj #
  • 19:00 鴉を撃つ|a1morinoのブログ goo.gl/xXUT #
  • 19:17 向かう先|a1morinoのブログ goo.gl/XLA7 #
  • 19:21 Querschüsse: "China's PMI auf dem höchsten Stand seit 20 Monaten" goo.gl/d5f5 #
  • 19:31 中国の工業生産� ��活況だな #
  • 19:33 Editorial - Avoiding a Japanese Decade - NYTimes.com goo.gl/eSFc #
  • 20:02 杉ちゃんが行く!6 : ビーチクリーンと箱根駅伝往路 goo.gl/LI1N #
  • 21:24 日めくり2010-01-03 ff.im/dIH1x #
  • 22:30 Henry C K Liuから若干のメモ。 #
  • 22:30 「フランスのシャルル・ドゴール大統領は、1960年代に世界経済における米国の最高の地位にあからさまに憤った。彼が不満を述べたのは、米国が法外な特権を享受し、ド� �で建てられた苦しみのない赤字や、無価値の紙屑を使って他国の資源や工場からだまし取ったことである。 #
  • 22:30 ほとんどのエコノミストは2000年頃まで、米国のドル覇権がどれくら米国に利益をもたらしたかを評価し始めなかった。米国のドル覇権システムの背後にある「帝国の定理」や「権力の定理」の執行を要約しよう。 #
  • 22:31 (1)世界の資源と商品を購入するための米ドルの実際には無制限の発行、別言すれば世界の準備通貨の発行者として米国は他の諸国がそのドル準備のためにその資源や商品をもって支払うとき「流動性サービス」を輸出する。米ドルに対する世界の需要は(米国を含めて)毎年50� ��0億ドルを超えている。 #
  • 22:31 (2)米ドルの減価(米国が発行する財務省証券やその他証券の減価)を通して{踏み倒しを行う者」として間接的に振る舞うことで、世界全体に「インフレ課税を課す。 #
  • 22:31 (3)米ドル融資で他国の産業や企業を購入する。 #
  • 22:31 (4)他国の高利回りの資産に投資するが、米国企業を統制する外国の資本を制限したり、外国への直接投資を行う。 #
  • 22:31 (5)金利収入を得るために米ドルの他国通貨に対する為替レートを操作する。 #
  • 22:32 (6)巨大な米ドル債券市場の規模の効果と閉込効果で他の政府によって蓄積された外貨準備高を飲み込むこと。外国が米国財務省証券に投資する金額が大きくなればなるほど、引き上げることが困難となり米国債権市場の流動性は高まり、諸外国の選択肢は少なくなる。 #
  • 22:32 (7) 他国の米ドル建て資産のほとんどは米銀に預金され、多くの国の外貨準備や投資は連銀に預けられ、米国は国際的な金融上のリスクを軽減し、実質的に他国の米国への依存を強化する。」 #
  • 23:44 En 2010, la Chine séductrice ou prédatrice ? goo.gl/QZmt #
  • 23 :44 「中国の体制の変わらぬエネルギーへの欲求、巨大な国家の統制を維持するために8%超の成長が必要と思いこんでいる」 #
  • 23:53 Le Figaro - Conjoncture : Chine : la croissance atteindrait 9,5 % en 2010 goo.gl/qsdE #
  • 08:29 The US and China: One Side is Losing, the Other is Winning: Information Clearing House -  ICH goo.gl/cKso #
  • 08:31 Is the Fed Juicing the Stock Market?  by Mike Whitney  : Information Clearing House -  ICH goo.gl/v7Jd #
  • 08:33 EarthBlog News©: An Introspective Look at the Future of America goo.gl/yEpm #
  • 08:38 「成長のための成長は癌細胞のイデオロギーである」( "Growth for the sake of growth is the ideology of a cancer cell" - Edward Abbey) #
  • 09:10 日めくり2010-01-04 ff.im/dK3UT #
  • 09:37 Harvard's Feldstein: Economy Might Run Out of Steam in '10 - Real Time Economics - WSJ goo.gl/JPBH #
  • 09:40 10年、米経済は蒸気切れかもしれない、か。そうかも。追加刺激策が必要かな。 #
  • 09:42 Econbrowser: Inflation in China goo.gl/5MV5 #
  • 12:39 China's Steel Industry Is a Big Problem for Both Climate and Trade-ChinaStakes.com goo.gl/9S50 #
  • 17:09 一寸のごまかしのために三寸の舌を使うとはかかることかと納得(^_^) #
  • 17:22 「世未有事非而心是者。・・・見其事則其心個不問而可知也。事非心是。理所無有。・・」(呂東萊、『東萊博議』) #
  • 17:29 「世未だ事非にして心是なる者は有らず。・・・其事を見れば則ち其心個より問はずして知るべきなり。事非に心是なるは、理の有る無き所たり。・・」(呂東萊、『東萊博議』) #
  • 17:53 質素|a1morinoのブログ goo.gl/sLwG #
Automatically shipped by LoudTwitter

0 件のコメント: