2010年1月5日火曜日

Arabia takes the New Silk Road to China, spurning the West - Telegraph

Arabia takes the New Silk Road to China, spurning the West - Telegraph

「OECDクラブの石油需要は既にピークに達している。中国は2004年から2007年の期間、世界の原油需要の増加の40%の原因となった。世界の石油価格への「中国効果」を測定するのは不可能だが、2010年以降IEAが供給不足を恐れるのが正しいなら、これは莫大なアラブへの風棚ぼた利益に通じるだろう。IEAは、グローバルな油の産出高に占める中東のシェアが2030年までに30%から38%近くに上昇すると予想している。巨額の富が既に西洋から中国をへて中東に回っている。アラブのウェルス・ファンドは1兆4000億ドルを蓄積した。10年間後に彼らは、さらに多く誇るかもしれない。そしてその多くが中国に投資されるというのは公正な考えというものだ。」

0 件のコメント: