2010年1月4日月曜日

A testing year | The Economist

A testing year | The Economist

「米英はともに膨大な財政の赤字やかなりな規模の貿易赤字があり、これらを減少させるための一貫したプランを欠いている。彼らは自由に通貨価値を減価させ、その債務を非常に低い利回りで済ましている。

投資家はなぜこれを我慢するのか。とにかく、彼らは歴史上のどんな時より自由に貨幣を動かすことができるのだ。一つの理由は、経済的なありがたみの手本が世界にわずかしかないからだ。しかし主な理由は勿論、債券投資家が純粋なリターン以外の理由によって動機づけられているからである。特に、アジアの中央銀行は、固定相場を維持するためにドル公債を買っている。そして、彼らの輸出競争力を維持するために固定相場を維持したがっている。」

0 件のコメント: