2010年5月17日月曜日

銀行救済

L'euro faible ? Un bon plan pour tout le monde. Ou presque...
「ユーロ安?誰にとってもよいプラン、あるいはほぼ・・・」。

救済劇の本質は銀行救済であることはたしかかな。

「名だたる”聖域”、ECBの”独立”はもはや存在しない!トリシェ氏はもはや単一通貨のゾンビでしかない。所謂ギリシャの救済とは本当は銀行救済である。不動産で失敗したあと、彼らは公的債務のデフォルトリスクを減らせる。その無能を償うためにユーロのイメージを高めようとする。その計画は最貧層や中産層からのマネーの移転である。」

0 件のコメント: