2010年7月8日木曜日

AEI - The Rising Threat of Deflation

AEI - The Rising Threat of Deflation
「08年の金融危機でほとんどの政府は積極的な通貨及び財政の緩和策を促された。米国ではFRBは短期金利をゼロへとカットし、09年の年初、バランスシートを3倍に膨らませた。議会とオバマ大統領は積極的な財政刺激パッケージを実行したのである。多くの市場参加者と政策立案者は、そのような積極的な緩和策がインフレを招くと警告したが、その期待とは逆に、コア・インフレは、・・・着実に米国と欧州に進入してきており、完全なデフレへと近づいている(日本は既にそれを経験している)。今年末までには、変わることのない過剰生産能力が恐らく米国と欧州でデフレを引き起こすだろう。加えて、最近の、とりわけユーロに対するドルの高騰は米国のデフレの脅威を悪化させる。」

0 件のコメント: