2010年9月26日日曜日

バーナンキ、経済学者を擁護するスピーチ

「最近の金融危機は経済学よりむしろ経済のエンジニアリングや管理の失敗であった」

「金融危機は、決して研究と分析のツールとして経済学を信用しなかった」

「それでも、・・・経済研究から生まれてきた考えは、政策立案者が金融危機を診断し、それに応えようとするとき計り知れない助けであることを明らかにした」

まあアタリマエか。聴衆は米金融政策や米経済の状況に関するコメントを期待していたんだろうが、当たり障りのないはなしだ。

Le Figaro - Flash Eco : Bernanke défend les économistes

0 件のコメント: