2010年10月1日金曜日

奨励金付きの輸出

クルーグマンのコラムを読む。
たしかに奨励金付きの輸出は他国の雇用を傷つけるなあ。

「しかしながら、状況は新興国経済においては全く異なっている。これらの経済は経済の嵐を乗り切った。そして、デフレよりむしろインフレと戦っている。そうして豊富な投資機会を提供している。当然、より裕福な、しかし、不景気な国から資本はそれらに向かって流れている。新興国家は、世界経済を不振から引き出すのに重要な役割を果たせるし、果たすべきである。

しかし、これらの新興国経済で最大の中国は、こうした自然のプロセスが進展するのを許容していない。外国の投資の制限は中国への民間資金の流れを制限する。同時に中国政府は通貨、人民元の価値を多量の外貨を買うことによって、人為的に低く維持している。事実上、輸出に助成金を支給している。そして、この奨励金付きの輸出は他の国々における雇用を傷つけている。

中国の当局は信じがたく、かつむやみやたらに無節操な議論でこの政策を擁護している。・・・」
Op-Ed Columnist - Taking On China - NYTimes.com

0 件のコメント: