2010年10月3日日曜日

A Perspective on the Future of U.S. Monetary Policy - Federal Reserve Bank of Chicago

「現代の流動性の罠の経済理論は、ゼロ・バウンドにおける最適な政策対応が、独創的な政策手段を使うことによって、ほぼ確実に実質金利を低下させることであることを示している。また、そのような政策的刺激がないとき、高いリスク回避を生む要素が意義有る回復を抑え込み、失業を高く保って、ディスインフレ圧力を強化するかもしれないことも示している。そのような政策刺激がないとき明らかに望ましくない均衡が示される。」

とにかくどのようなツールを使って流動性の罠に対処するかだ。

A Perspective on the Future of U.S. Monetary Policy - Federal Reserve Bank of Chicago

0 件のコメント: