2011年11月29日火曜日

為替リスク

スタンパの、”だが、より弱い諸国が単一通貨を残すことができる”に目を惹かれる。

たしかに、市場の信頼を取り戻すために構造改革や銀行への資本注入といった取り組みは短期にはなんの効果ももたないのかもしれない。また「信用リスクを削減するためのフランクフルト(ECB)の大量の債券購入はユーロをドルに対して切り下げることにもなろう。インフレ圧力の引き金になるなら、堅実なドイツの債務は増大する通貨の価格変動のゆえにもはや担保として保有されないだろう。このことが意味するのは投資家にとって魅力的なユーロ建て資産の圧縮であり、欧州から急速な資本逃避である。」

やはり投資家の懸念する事情は変化してきているか。「2008年の金融危機の開始以来の、ドイツの安全な避難先という神話が終わって、投資家はクレジットリスクや堅実なパフォーマンスのドイツ国債に焦点を当ててきたが、いま、為替リスクに焦点を当てている」。

"Ma i Paesi più deboli potrebbero uscire dalla moneta unica"- LASTAMPA.it

0 件のコメント: