2011年12月5日月曜日

社会ダーウィニズムの再生か

社会ダーウィニズムが戻ってきている。

ウィリアム・グラハム・サムナーか。「サムナーは1880年代に、”文明は単純な選択肢を有している。自由かつ不平等、適者生存”か”自由なくかつ平等、不適者生存”かと書いた。前者は社会を前方へと運び、その最良の成員にとって好ましい、後者は社会を凋落へと運び、最悪の成員にとって好ましい。」

いやな時代であることだが、現実はそうなっているか、いやそちらに運ばれゆくのか。

The Rebirth of Social Darwinism : Information Clearing House

0 件のコメント: