2011年12月6日火曜日

無言の合意

「財政同盟への動きに合意がある場合、ECBがより積極的なスタンスをとるだろうという明らかなヒントがあった。独仏政府は中央銀行に過剰な圧力をかけないように注意したが、ECBが債券購入をステップアップし金融政策を緩和する無言の合意があることは明らかである。どのような形の量的緩和も中期的にはユーロを圧力下に置くであろう。独政府は財政規律並びに財政緊縮策の組み合わせを主張するであろう。また、非常に緩い金融政策が中期的にさらにユーロを弱くしておく主要因になるであろう。」

やはり無言の合意があるのだろう。

Why A Saved Euro Would Be A Weak Euro - Seeking Alpha

0 件のコメント: