2011年12月8日木曜日

まず消火

「・・・この危機を引き起こしたのは政府による過剰な借入れではなく、むしろ民間部門の過剰な借入れ、バブル主導型成長、その他の行き過ぎであった。しかし最も緊急の問題は火災そのものである。ユーロ圏はすでにOECDによれば景気後退にある。そしてその金融危機は世界経済を減速させている。・・・」

緊縮策を採ればとるほどユーロ圏の危機は次の段階に進むのかな。

Eurozone crisis enters new phase as ECB fights Europe for austerity « Real-World Economics Review Blog

0 件のコメント: