2011年12月20日火曜日

公的債務、歴史の教訓

「大規模な公的債務の削減と蓄積の世紀からの教訓」を読む。下記のような教訓が歴史から引き出すべきものかは即断しかねるが、提供されているグラフやデータは役に立つ。

「重債務先進国経済は、挑戦的な光景に直面している。第二次大戦後にとられたような高インフレで内国債務の負担を削減する・・・ような異例のオプションの追求か、おそらく魅惑的な近道だが高い代償を伴う債務リストラかである。徐々にではあるが安定した調整が進むべき正しい道である。歴史が示しているのは整然たる調整が持続的な中期の成長のコンテキストにおいてはるかに容易であるということである。構造的政策の実行とともに競争力とビジネス環境の改善、成長の障害を最小化する手法で財政調整をデザインすることにプレミアムがあるということを示唆しているのだ。」

A century of public debt and what have we learned? | vox - Research-based policy analysis and commentary from leading economists

0 件のコメント: